弁護士に相談したい!相談料はいくら必要?

「日常生活の中で弁護士に相談することはないだろう」と思っている方は多いのではないでしょうか。もちろん、相談するようなトラブルや困りごとがなければ良いのですが、離婚や相続、交通事故や多重債務など、意外と身近なところに法律に関係する悩みはあるものです。

そこで、いざという時のために弁護士に相談すると相談料はどれくらいかかるのかをみていきましょう。

弁護士の報酬規定

日本弁護士連合会及び各都道府県単位の弁護士会では、かつては報酬規定を設けていましたが弁護士法の改正によって廃止されました。規制緩和の一環として、それ以降は各弁護士が独自に報酬を定めることになっています。

ただし、日本弁護士連合会では、弁護士が事務所ごとの報酬規定を作成する目安として「弁護士の報酬に関する規程」を定めています。そのため、多くの弁護士事務所では、その規定に則って報酬を決めています。しかし、債務整理とそれに伴う過払い金請求事件に関して、一部の弁護士による不適切な報酬の請求があったことから、債務整理に関しては報酬に上限を設けるなどのルールが定められています。

弁護士費用はどのようなものがある?

弁護士に依頼すると、どのような費用があるのか気になりますよね。はじめは法律相談料が発生します。法律的なトラブルや悩みを、弁護士に法律相談する時にかかる費用です。一般的には対面で相談する時に発生しますが、相談内容によっては電話やメールによる相談でも料金がかかるケースがあります。

また、弁護士に依頼をすると発生するのが着手金です。これは、裁判等の結果がどうであれ支払う必要があるものです。一方、報酬金は事件に経済的な利益が発生した時、つまり裁判等に勝った場合や債務整理などが成功した場合に支払うものです。

これは、発生した利益の額によって報酬金は変わってきます。その他には、契約書や遺言書などの書類の作成などにかかる手数料や、裁判所などに出向く際の交通費、切手などの通信費が実費でかかります。このように、弁護士は相談するところから実費まで、あらゆる場面で費用が発生します。

例えば、離婚や債務整理などは、弁護士がどこまで介入するかによっても着手金や報酬金は違ってきます。

法律相談料について知っておこう

法律相談料というのは、文字通り法律相談をした時に支払うものです。法律相談のみの場合は基本的に相談料以外の費用はかかりません。初回の法律相談は1時間で5,000円から10,000円程度までが相場となっていますが、一般的に30分で5,000円の事務所が多くみられます。

ただし、これは個人の場合で会社関係ですと、さらに高くなる傾向があります。

しかし、最近では初回の法律相談は無料というところも増えてきています。その他にも、自治体などで開催される法律相談などは無料のものがほとんどですし、無料相談であれば敷居が高いと思われがちな弁護士にも気軽に相談できますね。

無料相談を上手に活用する方法

トラブルや抱えていると、それが「法律的にどのような問題があるのか」「解決策あるのか」など、悩んでいる方も少なくありません。いきなり、弁護士事務所に相談に行っても、30分では何も聞けずに終わってしまう可能性もあります。

そこで、相談する前に、トラブルや悩みをまとめておくと相談したい内容が明確にためおすすめです。自分がどうしたいのかが明確であれば、弁護士も適切なアドバイスをしやすくなります。また、どんなことが解決の糸口になるかわからないので、相談する時にはトラブルに関わると思われる契約書などの書類は全て持参しましょう。

さらに、解決に至るには依頼者と弁護士との信頼関係が大事です。自分が不利になるようなことを隠したり嘘をついたりするようなことはやめましょう。些細なことでも、包み隠さず正直に伝えることが重要です。弁護士には守秘義務があり、相談内容が第三者に知られることはありません。

安心して相談しましょう。

→弁護士に上手に相談するコツは?

自分に合った弁護士を選ぼう

債務整理などは、弁護士に依頼せずとも自分で手続きなどを行うことが可能です。しかし、法律的な知識がないと交渉も厳しくなることが予想されますし、時間と手間がかかります。そうなると、解決するのも難しくなり思うような結果を得られない可能性も少なくありません。

その点、弁護士であれば、依頼者の代理人として手続きや裁判所にも出向くことができるので、手続きも解決までの流れもスムーズに進みます。ですが、トラブルなどを弁護士に相談しようと思っても、弁護士事務所は個人の事務所から複数の弁護士がいる大規模な事務所まで様々あり、どこに相談していいか迷ってしまいますよね。

弁護士を探す方法は様々ありますが、例えば、知人や友人から紹介してもらうという方法が考えられます。実際に、その弁護士事務所を利用した人からの紹介であれば、事務所の様子も事前に聞くことが可能です。ただし、「自分とは合わない」と思っても断りにくいのがデメリットでしょう。

また、都道府県の弁護士会から紹介してもらう方法や法テラスを利用する方法もあります。しかし、仕事をしながらでは相談する時間が限られているなど、弁護士を選ぶまでに時間がかかる可能性も少なくありません。ですが、法テラスには法律扶助制度があり、弁護士費用が心配な方は利用しても良いでしょう。

法律扶助制度は、法テラスが弁護士費用を立て替えて、分割して返済していくことが出来る制度です。法テラスに登録している弁護士は調べることができますので、法テラスの利用を検討する方は事前に確認してみると良いですね。

法テラスを利用すると、弁護士の相談料が無料になるケースもあります。その他にも、弁護士事務所ではホームページを持っているところも多くあります。弁護士は法律の専門家ですが、すべてに精通しているとは限りません。

けれども、特定の分野について専門と名乗ることができないため、ホームページには取り扱った解決事例などが掲載されています。ホームページなどで、取り扱う分野や解決事例をチェックして、自分が相談したいトラブルを相談しやすいかどうかを見ることをおすすめします。

比較サイトや口コミなどを参考にしても良いでしょう。

→弁護士に相談すると良い事案7選

気軽に相談してみよう

弁護士は法律の専門家として、依頼者の利益を最優先に考えてくれます。そのため、抱えているトラブルや困りごとを法律的に解決してくれる可能性も少なくありません。例えば、無料の法律相談であれば、費用を心配することなく相談できます。

「こんなことまで相談して良いのか」などと思い悩んでいるなら、まずは気軽に相談してみましょう。

Top